n-D windows

n-D windows[Town]

n-D windows[Town]

 

2013

oil on canvas

 

w910×h910mm

 

n-D windows[Town/Yodo]

n-D windows[Town/Yodo]

 

2013

oil on canvas

 

 絵画の窓、つまり遠近法によって定義された空中に存在する概念の窓をテーマにしている。
通常の絵画は、窓とキャンバスを平行に配置し、視点と対象が垂直に交わる線を図化することで成立するが、
複数の絵画の窓を俯瞰した視点にキャンバスを配置することで、窓が写す複数の静止時間を同一画面内に点在させた。

 それらの窓は今作において、立体(三次元図形)から超立体(四次元図形)として張り合わされて、
物理的に時間方向を拡張した絵画ボックスに変化している。
 最終的に遠近法によって単一視点で描かれているが、これは私たちの対象認識(一人称としての時空間の認識)をフラットにして再構築することを目的として、
各窓(各対象)が独立した時間軸を持っている。

 街を構成するビル、街路樹、河川といった物質は空間軸とともに時間軸がなければ認識し得ないため、四次元図形の時間方向に面が伸びて実体化し、
同時に音や動きは、ふきだしや効果線によって現象を抽象化することで、平面上に実体化させることが可能となった。

Topographical windows

n-D topographical windows[Island-Teshima]

n-D topographical windows[Island-Teshima]

 

2013

oil on canvas